• カテゴリー別アーカイブ 未分類
  • 絶対に家族にわからないようにお金の借入をしたい

    日々生活していると、時には「お金を借りたい」と思う日がくるかもしれません。

    そんなときにはキャッシングが比較的手軽におこなえて便利ですが、お金を借りたいと思ったときに周りの人に知られたくないと感じる人も多いのではないでしょうか。

    たとえば、独身の場合、親や兄弟などに心配をかけたくない、既婚者であれば妻や子供に迷惑をかけたくない、といった風にお金を借りたという事実を隠しておきたい方もいるでしょう。

    しかしこういうときでもキャッシングは有効です。

    なぜなら、きちんとした手順をふめば家族や周囲の人にバレずにお金を借りることができるからです。

    このとき注意しなければならないのは、契約方法です。
    キャッシングを受ける際にはキャッシング会社と契約をしなければならないのですが、これには2種類の方法があります。

    それはインターネットを利用してする契約(WEB契約)と、自動契約機を使っての契約です。
    WEB契約とは、インターネット上で必要な情報を登録し、電話での確認や所属する会社への在籍確認といった審査がキャッシング会社によっておこなわれ、それに通過した方にのみ借入を受けることができるというサービスです。

    インターネットを使ってWEB契約をするのは手軽におこなえて便利ですが、自宅に同居する家族がいるのであれば、この方法はおすすめできません。
    なぜなら、WEB契約をおこなうとキャッシュカードや契約書といった必要書類が後日自宅宛てに郵送されてくるからです。
    本人が郵便物を受け取るのであれば問題無いのですが、もし本人が不在で代わりに家族が受け取った場合は、キャッシングを利用していることがバレてしまいます。
    そのため、お金を借りたことを秘密にしておきたい場合は、WEB契約は避けた方がいいでしょう。でも、今すぐお金を借りる。損をしたくない人におすすめのランキングに面白いことが書かれていました。

    WEB契約でも家族にばれない方法があるとのこと。

    たとえば、モビットのWEB完結サービスなど、キャッシュカードや郵送物が一切無いというキャッシングサービスも存在するので、キャッシング会社のホームページなどで確認して、秘密で借りられる会社で借入をすることをおすすめします。


  • 内緒で手柄を横取りする最悪な上司

    私の上司は部下の手柄は自分の手柄、ミスがあれば部下の責任、と考えている人物です。周りには人当たりが良く、上層部には媚びを売ります。そのため周囲の人間は上司の人間性を分かっていません。部下が苦労して出した業績を上層部に持って行き、自分がやったことにします。また、それを外部で発表し、自分一人の手柄にします。上司はそれによりどんどん出世しています。昨年、私が作った業績を自分がやったことにして外部で発表し、賞をとったことがありました。そして表彰状と賞金をもらったとのことを同僚に聞きました。私は上司から表彰状を見せてもらっただけで、賞金があることは同僚に聞いて初めて知りました。その賞金はどうしたのか同僚に聞くと、上司は中身を確認して、自分のカバンにそっと入れたそうです。そして昨日、私が別にやっていた仕事を勝手に外部に持って行ったことを知りました。そしてまた、最優秀賞の候補になっていました。私はまたそれを知りませんでした。私は上司の業績を作るロボットです。上司も私の事を、自分が出世するためのロボット感覚だとしか思っていません。私が不満を持っていると「嫌だったら辞めたら?僕に業績を渡すのがあんたの仕事でしょ?」と平気で言います。私が実際に働いていた時間も、人件費削減のために時間数を少なくして書かれていました。また、部署で定められている時給も、上司の権限で30%ほどカットされています。私の上司は人間ではありません。近い将来、罰を受けることを願っています。


  • むかつくデブスとの戦い

    高校のころからの友人が大嫌いで、先生にゴマをすりすりしてる割に成績が悪くて、男の前では可愛くもないのに声色を変えてぶりっこするくそ尼です。やりたくない仕事は人に押し付けて、おいしいところだけ持って行って、やることもやらないくせに、大口ばっかりたたいて、ネコナデ声で気持ち悪かったです。そのくせ、私が一番がんばってる自慢しかしなくて、話をしていても全然おもしろくないし、存在自体にいらいらしていました。テスト前は必ず「寝ないで勉強したの」とか言うくせにたいした点数をとれてないのにまた自慢してくるし、聞き飽きるくらい毎日毎日頑張ってる自慢ばっかりして、私のストレスの根源でした。弁当を作ってきた日には、普通のごく普通のお弁当なのに、「私頑張ってお弁当作ってきたの、みてみて!」と言ってくるものだから違う友人は仕方なくほめていましたが、私はシカトしていました。それでもしつこく言ってくるものだから仕方なく棒読みでほめましたが、それが気にくわなかったのか、もうその日は話しかけてきませんでした。デブでブスのくせに、「自分はかわいい」って勘違いしてるものだからショーパンや短いスカートなど身に着けてくるのですが、とてもじゃないけど目に余りすぎて、憤りを感じました。早く大学生活が終わるか、友達を辞めたいと思いました。ものすごくイライラしていつもほかの友達に愚痴っていました。彼女はデブスで有名であそこまで勘違いの激しいやつはなかなかいないなと思いました。


  • 敵は身近なところにいるもの

    『お父さんと別れようと思ったらお前がいたから別れられなかった』
    小学校に入学する前に、母が放った一言です。
    非常に申し訳ない気持ちになったことを、今でも忘れることができません。
    喧嘩の絶えない両親が、いつか仲良くなる日をずっと夢見ていました。
    しかし、それは幻想でしかありませんでした。
    被害妄想が酷く、母の中ではある設定があり、幼かった私はその設定の中で生きていました。
    父は近所のスナックのママと浮気をしており、そのママやつながりのあるヤクザに自分は狙われている。
    盗聴器や盗撮カメラなどが仕込まれている。
    遠隔操作で、食事に毒を入れられる。
    などなど、母の設定は多岐にわたりました。
    そして、事あるごとに、その浮気相手の味方をしたのではないかとか、洗脳されて帰ってきたのではないかとか、母の事を疑ってるだろうとか、とにかくどこからそんな突拍子もない話が出てくるのか訳もわからずに怒り狂う母に必死で疑いを晴らそうとがんばる日々でした。
    また、お風呂にもカメラが仕込まれているからと自宅の風呂には入れてもらえず、一週間に一度公衆浴場に連れていってもらうのみ、トイレにもカメラが仕込まれているからと、夜は電気をつけることを許されませんでした。
    そんな思いをして育った今、父と死別した母は、図々しくも嫁に行った私に生活を頼っているのです。
    一人娘のお前がお母さんを養うのは当然だろう、と。
    子どもが産まれたばかりの私ですが、主人の世話になるわけにはいかないので、とにかく今は職探しに奔走しています。
    私の人生をなにもかもめちゃくちゃにする毒親が、本当に大嫌いです。


  • 保育園ママはやっぱり怖い

    結婚をする前から、ママ友という存在には怖いというイメージがありました。人からの噂で聞いていたり、ドラマなどの影響もありますが、自分が母親という立場になったら、きっと何かあるのだろうなと覚悟はしていました。

    そして、結婚をして子供を生み、保育園に通わせている今、やっぱりママという存在は、厄介だと思いました。

    先日、息子を保育園に迎えに行ったところ、息子がそばにいることに気が付かず、同じクラスのママの鞄が、息子の頭に直撃しました。だから、私は息子を引き寄せたのですが、思いっきりムッとした顔をされてしまったのです。

    恐らく、鞄が当たっていることに気付いていなかったので、ただ単に私がそのママから遠ざけるために引き寄せたのだと思われたのでしょう。でも、その場で説明をするのも変だと思いましたし、保育士さんも息子に鞄が当たっていることには気付いてくれていたので、分かってくれる人がいれば良いと思い、諦めました。

    その後、下駄箱のところでまた遭遇してしまい、何も言わずに去ろうとしたところ、私達親子に気付いた園長先生が挨拶をしてきました。近くにさきほどのママがいましたが、完全に無視されてしまいました。

    春になり、新しいクラスになった途端、こんなことが起こってしまい、非常に憂鬱です。近々、懇親会もあるそうなので、穏やかに過ごせることができれば良いのですが、心配で仕方がないです。向こうは、上の子供を預けていることもあって、顔も広いようなので、怖いなあと思っています。


  • 猫を飼っている人と飼っていない人の違い

    うちは家族揃って猫好きで、私が生まれた頃にはすでに家に猫が3匹もいました。
    幼少の頃の遊び相手はもっぱら猫で、学生の頃の兄弟はやっぱり猫で、大人になっての癒やしは彼氏じゃなくて猫でした(笑)
    そんな猫尽くしの私なので、友達と話す時も猫の話題をついつい広げてしまいます。
    猫好き同士というのは何となく引かれてしまうようで、友人も猫を飼った事がある人が多く、猫の話になると猫のどこが可愛い、どこが憎たらしい、でもやっぱり猫は可愛いと楽しく盛り上がってしまいます。
    ところが先日、友人ABと飲みに行った時、二人共猫を飼った事があると言っていたので、猫の話題を振ってみた所、友人Aはガンガン乗ってくるのに、友人Bは上の空のように話を聞くばかり。
    飼った事はあっても、あまり好きではないのかな?…と私は話題を変えようか迷っていました。
    そうしたらヒートアップしていた友人Aが、自慢の飼い猫の写真を私達に見せ、親ばか定番の「かわいいでしょ!?」を連発。私はもちろん「かわいい~!!」とテンション上がって、その画像頂戴!とねだってみたり。
    ですが友人Bの言葉は…「え?…これ、なに??」でした。
    そこでようやく私と友人Aは、彼女が本当は猫を飼った事がない事に気付き大爆笑。無理に合わせなくて良いのよっ、と笑って写真を説明してあげました(笑)
    写真に写っていたのは、まあるくなって頭と足がくっついて尻尾まで巻き込んでいる丸クッション状態の猫。
    あれ、猫を飼ってる人じゃないと、頭や足や尻尾が判別できないようですよ!
    ここ一週間で一番爆笑した1日でした!


  • 出来ればかりたく無かったけど……

    私はお金を借りるという行為があまり好きではありません。親でも友達でも、ましてや消費者金融などでもです。
    しかし、仕事で車が必要になりなんとしても車を購入しないといけなくなりました。安くて良い車は見つけたものの、それでも30万円必要でした。私がすぐに出せる分は約10万円、これではとうてい手が届きません。

    私はどうしたかと言うと、母の友達で私と顔見知りのおじさんにお金を借りることにしたのです。私から貸して欲しいと言ったわけではなく母が「息子が車を買おうとしているがお金が足りない」という感じのことを話したそうです。そうしたらおじさんが名乗りをあげてくれました。
    毎月20000円の返済が条件でしたが、それでも消費者金融を利用しなくて済んだのがなによりもの幸いでした。

    無事に車を購入することができ、毎月20000円の返済も終了しましたが、借りている間はその車は私の物ではないという意識があり毎月20000円の支払いもかなり生活に響いていて気が気ではありませんでした。
    車は購入できたものの返済期間中は貯金もすることができず、急に遊びに誘われた時などは大変肩身の狭い思いをしていました。

    支払い終わった今ではようやく落ち着いてきましたが、出来ればもうあんな高額なお金を借りることは無いように努力したいところです。借りたお金で買ったものは、借りたお金を返すまでは自分の物ではないという意識を持った方が早く返済したくなると思いますので考えてみましょう。


  • 火傷から学んだ結果・・・

    以前、コロッケを作った時に思いっきり火傷をしてしまってから、揚げ物を作らなくなりました。鍋に油をたっぷり注いで、次々に揚げていたところ、油が足りなくなったので、継ぎ足そうと手を伸ばした瞬間、鍋のふちに腕が触れてしまい、かなり痛い思いをしました。熱さよりも、痛みを感じました。

    このままだと跡が残ると思い、翌日皮膚科を訪れたところ、すぐに冷やしたことが功を奏したようで、じきに良くなるとの診断を受けました。しばらくは、水ぶくれができていましたが、潰したら跡になると言われ、じっと耐えました。

    すると、数週間のうちにみるみる回復して、すっかり良くなりました。でも、揚げ物をするのが怖くなり、それ以降は一切作っていません。それまでは、コロッケや天ぷら、海老フライなど、気が向いた時には結構良く作っていたのに、我が家の食卓には並ばなくなりました。

    ただ、時々食べたくなるので困ります。だから、揚げ物を食べたくなったら、外で食べるようにしています。やっぱり自分で揚げるよりも、外で食べる方が美味しいなぁと思います。

    そして、我が家の電子レンジがかなり年季が入っているので、揚げ物もできるレンジを新調しようかと目論んでいるところです。料理が一切できなかった友人も、そういったタイプのレンジを購入したことで、かなり助かっているそうです。材料を準備して、下ごしらえをしてしまえば、あとは勝手に作ってくれるらしく、その話を聞いていたら、ますます欲しくなりました。

    値段を調べたら、結構高いので、どうにか旦那を説得して買ってもらおうと思います。


  • 次の機種変はガラケーにしよう!

    今や世の中のほとんどの人が、スマホを使っている時代です。メカ音痴な私の母でさえもスマホを使っており、意外とちゃんと使いこなしていたので、ビックリしました。LINEやFacebookにも登録しており、それなりに楽しんで使っているようです。

    母のことをそんな風に言っている私ですが、私も相当なメカ音痴です。パソコンやスマホ、家電全般に渡って、分からないことは全て主人に任せてしまいます。そうやって、他人に頼っているからいつまで経っても自分で何とかしようとする力が身に付かないのもあるのかもしれませんが、家電に対しては、最初から拒否反応が出てしまうので、無理なのです。

    スマホ歴は4年以上になりますが、まだまだ初心者レベルです。結局、インターネットとメール、電話しか使っていないので、もはやガラケーでも良いのではないかと思っています。

    スマホの機種変は1度だけしましたが、あまりにも値段が高くて驚きました。もはや、パソコンが買えそうな値段だと思いました。高過ぎて、気軽に機種変をできないのであれば、やはりガラケーの方が気軽です。

    今のところ大丈夫ですが、画面が割れてボロボロの人もいます。修理にもお金がかかりますし、iPhone6なんて曲がりやすいとも聞きます。そんなデリケートなケータイだと、慎重に扱わなければならなそうで、ズボラな私には向いていなさそうです。

    最近、テレビで再びガラケーが人気になっているというのを見て、やはりと思いました。同じようなことを考えている人がたくさんいると思うと、心強いです。次は、ガラケーに戻ろうかなと思っています。


  • 思いがけない映画に出くわした。映画『狼の挽歌』。面白かった

    ここ1週間で一番面白かった。
    封切りのときに見ている。
    44年ぶりに再見。
    高層ビルの外側につけられたガラス張りのエレベータが最上階に向かっている。
    喪服姿の、それは綺麗なジル・アイアランドと、悪徳弁護士のふたりが乗っていた。
    ピシッと音がし、ガラスに小さな丸い弾痕のひびが入る。
    弁護士がのけぞる。さらにピシッと弾丸が撃ち込まれた。
    恐怖におののくジル・アイアランドは、次の標的が自分であることを知る・・・・無言で描かれる、ラストの狙撃シーンは今見ても素晴らしい。
    オープニングの小気味いいカーアクション、タイヤを撃ち抜かれたレースカーが暴走して壁に激突して炎上するシーン、ジル・アイアランドのヌードと見どころも満載。
    寡黙な殺し屋・ジェフ(チャールズ・ブロンソン)が、ただひとり愛した女・ヴァネッサ(ジル・アイアランド)は、裏社会の性悪女だった。
    彼女はジェフをたぶらかし、自分にとって邪魔な男たちを殺させて、裏社会の頂点に立とうとしていた。
    この映画で、悪女のヴァネッサをとことん嫌な女としては描いていない。
    彼女は、自らの悪行の報いで、いつかは身を滅ぼす運命を覚っているように見えた。
    ヴァネッサの裏切りに怒ったジェフがヴァネッサに向かって銃口を向けるシーンがある。
    「殺すなら苦しまないように、1発で仕留めて」と懇願するヴァネッサにジェフは銃口を下ろした。
    このシーンがラストで効いてくる。
    さっき公開年などを調べるためにネットで検索していたら、思いがけない名前に出くわした。『流されて』の女性監督、 リナ・ウェルトミューラーが脚本に参加していたのだ。
    ジル・アイアランドの描き方に何かしらの影響があったのかもしれないと、ぼんやり思った。