出来ればかりたく無かったけど……

私はお金を借りるという行為があまり好きではありません。親でも友達でも、ましてや消費者金融などでもです。
しかし、仕事で車が必要になりなんとしても車を購入しないといけなくなりました。安くて良い車は見つけたものの、それでも30万円必要でした。私がすぐに出せる分は約10万円、これではとうてい手が届きません。

私はどうしたかと言うと、母の友達で私と顔見知りのおじさんにお金を借りることにしたのです。私から貸して欲しいと言ったわけではなく母が「息子が車を買おうとしているがお金が足りない」という感じのことを話したそうです。そうしたらおじさんが名乗りをあげてくれました。
毎月20000円の返済が条件でしたが、それでも消費者金融を利用しなくて済んだのがなによりもの幸いでした。

無事に車を購入することができ、毎月20000円の返済も終了しましたが、借りている間はその車は私の物ではないという意識があり毎月20000円の支払いもかなり生活に響いていて気が気ではありませんでした。
車は購入できたものの返済期間中は貯金もすることができず、急に遊びに誘われた時などは大変肩身の狭い思いをしていました。

支払い終わった今ではようやく落ち着いてきましたが、出来ればもうあんな高額なお金を借りることは無いように努力したいところです。借りたお金で買ったものは、借りたお金を返すまでは自分の物ではないという意識を持った方が早く返済したくなると思いますので考えてみましょう。


コメントは受け付けていません