火傷から学んだ結果・・・

以前、コロッケを作った時に思いっきり火傷をしてしまってから、揚げ物を作らなくなりました。鍋に油をたっぷり注いで、次々に揚げていたところ、油が足りなくなったので、継ぎ足そうと手を伸ばした瞬間、鍋のふちに腕が触れてしまい、かなり痛い思いをしました。熱さよりも、痛みを感じました。

このままだと跡が残ると思い、翌日皮膚科を訪れたところ、すぐに冷やしたことが功を奏したようで、じきに良くなるとの診断を受けました。しばらくは、水ぶくれができていましたが、潰したら跡になると言われ、じっと耐えました。

すると、数週間のうちにみるみる回復して、すっかり良くなりました。でも、揚げ物をするのが怖くなり、それ以降は一切作っていません。それまでは、コロッケや天ぷら、海老フライなど、気が向いた時には結構良く作っていたのに、我が家の食卓には並ばなくなりました。

ただ、時々食べたくなるので困ります。だから、揚げ物を食べたくなったら、外で食べるようにしています。やっぱり自分で揚げるよりも、外で食べる方が美味しいなぁと思います。

そして、我が家の電子レンジがかなり年季が入っているので、揚げ物もできるレンジを新調しようかと目論んでいるところです。料理が一切できなかった友人も、そういったタイプのレンジを購入したことで、かなり助かっているそうです。材料を準備して、下ごしらえをしてしまえば、あとは勝手に作ってくれるらしく、その話を聞いていたら、ますます欲しくなりました。

値段を調べたら、結構高いので、どうにか旦那を説得して買ってもらおうと思います。


コメントは受け付けていません